メインイメージ画像

派遣で働いてよかったことは何?

私は大学卒業後、IT関連の人材派遣会社で働く傍ら、私自身もプログラマーとして派遣先で働いたことがあります。この両方の経験から見た派遣でのお仕事について話してみたいと思います。 まず、派遣で働くメリットを紹介したいと思います。1番のメリットは自分の生活スタイルに合わせることができるということです。私の場合でお話すると、プログラマーという職業柄、夜は終電間際のことが多かったです。システムが動かない、停止したというトラブルの時は、夜を徹して対応にあたることも少なくはありませんでした。

イメージそんな私が契約時に出した条件は、毎朝10時出勤。通常、正社員の方は9時から会社が始まることが多いと思います。 しかし、そこは派遣のメリット!出勤時間を遅くしてもらうことに成功したのです。 夜は遅くても、朝も遅ければ睡眠時間が不足することもなく、ベストの状態で仕事に取り組むこともできますよね。
他にも、海外の留学をしたいからという理由で、3か月だけ働いてお金をため、1ヶ月留学。 そして、また3か月働くというサイクルで働いていらっしゃる方もいました。 いずれにせよ、自分のライフスタイルに合わせて働くことができると言うのは最大のメリットであり、魅力ではないでしょうか。

次のメリットは、職場のわずらわしい人間関係に巻き込まれなくてすむということです。派遣の契約期間は、短いもので3か月、長いものでも1年での更新というものが多いです。社員ですと、もし職場の人間関係につまずいても辞めることはなかなか難しく、ひたすら我慢するしかない毎日になってしまいますよね。

しかし、派遣ですと、契約期間中我慢すれば、契約更新をしないという選択も可能なのです。たかだか人間関係じゃないかという人も多いかもしれません。しかし、毎日通う職場、出来ることなら気持ちよく働きたいですよね。 もし、何か嫌なことがあったにせよ、契約期間だけ我慢すればリセットすることができるのも魅力の一つだと言えると思います。